オーダースーツを作る場合のポイントとは

オーダースーツは、自分に合わせて作ることができるために大きな魅力がありますが、行う場合はポイントを抑えた上で依頼をすることが大切になります。
まず、着る時期を選ぶ必要があります。


スーツは春や夏、秋や冬といった季節にあったものを作る必要がありますが、使用する季節によって夏や冬を中心としたスリ―シーズン用や、梅春ものと呼ばれる1月下旬から2月を中止に着用するもの、また、春や秋に着用する相服などがあり、どの季節に着用をするのかを決めることが大切なことになります。
次に職業や目的があります。


オーダースーツだけでなく服にはTPOが非常に重要になるために、使用する状況をよく考えてから依頼を行う必要があります。仕事で使用する場合には会社における自分のポジションも大きく係ることになるために、素材選びには十分に配慮をすることが大切となり、例えば、営業職などでは、あまり高価な生地など使用してしまうと、仕事上も逆効果となる場合があるために注意が必要になります。
また、スーツに合わせた小物を身に付けることも非常に大切なことになります。オーダースーツの場合には、自分の体形に合わせた作りが行われるために、フィット感が非常によかったりシルエットに関しても、相手にきれいな印象を与えることになります。



そのために、スーツだけでなく、靴やベルト、また、時計といった小物にもバランスの取れたものを使用することが必要になります。

オーダースーツを作るポイントとしては、他に、体形や流行があります。

BIGLOBEニュースに関して悩んだら、是非お試し下さい。

経験のあるテーラーの場合には採寸も含めて、ほとんどは体形に合わせたものを作ってくれますが、本格的なトラディッションのスーツを希望しない場合には、ある程度の流行に沿った作りを行う必要があります。



TPOを考えずに本格的に作ってしまった場合などでは日常的な使用ができなくなることもあるために、十分な打合せを行ってから依頼をする必要があります。

Copyright (C) 2016 オーダースーツを作る場合のポイントとは All Rights Reserved.